上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。*bapy*です。





先日、母が足の手術をしました。





そんな大げさな手術ではないのですが、手術室の前で待っている間はいろんなことを思いました。







私は、子供の頃扁桃腺もちだったから、しょっちゅう熱を出す、面倒くさい子供でした。







母は、私がを出すと、その都度すぐにお医者さんに連れて行ったようです。








何時に何度の熱があったとか、おう吐したとか、忘れない様に紙に書いて持って行き、お医者さんに伝えたんだ。と病院へ向かう車の中で話してくれました。







まるで、今私が働いている老人ホームのバイタル測定の記録みたいだw なんて思いましたが、そんな大変な思いをしながら私を育ててくれたのかと思うと、少し胸がキュンとしました。









小学3年生の時に、私は入院して扁桃腺の摘出手術をしました。







それ以来、風邪をひいても熱を出さない子供になりました。







手術室前のソファーに座って待つ私は、ひとりぼっちで少し緊張しましたがそれを紛らわすのに音楽を聞いてみたり本を読んでいるフリをしたり、ウトウトしてみたり。。






貴重な体験をしました。







家に戻り、鶏団子鍋を作りました。

餅きんちゃく入り。







鶏団子は、鶏ムネ肉がお得だったので、それをフープロでミンチにしました。
DSC_2558_convert_20110204223526.jpg
ネギもしょうがもフープロを使用したので楽ちんでした。







プロセッサーも良いけど、今はバーミキサーが欲しいです。








餅きんちゃくは、油揚げにお餅を入れてパスタでフタをしました。
DSC_2559_convert_20110204223446.jpg
これなら全部食べられます。







父が、パスタを一生懸命取ろうとしていたのが、なんだか可愛らしく・・








それ、パスタ!と教えてあげたけど、スパゲッティって言わないと分からなかったかな?









いろいろ考えてしまった一日でしたが、素直にありがとうと言える日でした。









おしまい。











Secret

TrackBackURL
→http://bapy31.blog108.fc2.com/tb.php/123-d43ae40c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。